育毛や発毛に有効な漢方薬とは

現在ドラッグストアなどで売っている育毛剤や発毛剤の多くは、西洋医学に由来する化学薬品です。
西洋医学は、症状(患部)に直接働きかける「対症療法」のアプローチを採りますので、育毛剤や発毛剤も例にもれず頭皮などの患部に使うことになります。

これに対して漢方の元となっている東洋医学は「原因療法」と呼ばれています。
漢方の世界では、症状(この場合、抜け毛や薄毛)はあくまで結果であり、症状の元となっている原因を取り除かなければダメだと考えます。
それでは何が髪のトラブルを招いているかと言えば、気虚、血虚、腎低下という3つの体の不調が犯人であるということになります。

気虚は人間のエネルギーの源である「気」が様々なストレスによって不足し、「気の巡り」が悪い状態を言い、血虚は「血の巡り」が悪く血流が滞り、髪の毛などに十分な栄養が回らない状態を言います。
腎低下の「腎」とは腎臓ではなく、生殖・成長・老化などを司る体の機能全体を指します。
腎低下とは「腎」の作用が衰えている状態を意味します。

以下にご紹介する漢方薬は、基本的に、この気虚、血虚、腎低下という体の不調を和らげ、体のバランスを整える働きを持っています。
体を健全なバランスに近づけることで、頭皮や造毛組織を元気にする薬と言えるでしょう。

柴胡加竜骨牡蜥湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
柴胡加竜骨牡蜥湯は気の巡りを良くするお薬で、無駄な神経の興奮を和らげ、ストレスを和らげ、頭皮のトラブルを発毛を解消し、発毛を促す働きがあります。
黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
黄連解毒湯は、体の上部に溜まってしまった余分な熱を取り除き、血の巡りを回復させるお薬です。 余分な熱がひき越した頭皮のトラブルを開所し、発毛を促す効果が期待できます。
十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
十全大補湯は胃腸の働きを高め、気と血をともに増やして慢性的な疲労を取り除くお薬で、造毛機能を活性化し、発毛につなげる効果があると言われています。
加味逍遥散(かみしょうようさん)
加味逍遥散は血虚が気を余らせ、悪い熱に代わるのを防ぐお薬で、イライラや不眠、憂鬱な気分などの症状を和らげます。 精神的なストレスは髪の毛にも悪影響がありますので、これを和らげることで発毛効果が期待できます。
桂枝加竜骨牡蜥湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
桂枝加竜骨牡蜥湯は気の巡りが悪く血が過剰または不足するというアンバランスを是正するお薬で、精神的ストレスが高じて神経質な状態を改善します。 ストレスが和らげば、発毛力も高まります。

安全性の高い漢方薬にも副作用はある?

漢方薬は天然の生薬で作られているため、化学薬品に比べて安全というイメージが社会に浸透していますが、副作用がないわけではありません。
ここでは副作用を避けるために、簡単でもいいので理解しておきたい事柄をいくつかご紹介します。

漢方の基本となる考えを「証」と言います。
「証」とは、その人が生まれ持った体質(体力のある人と虚弱体質の人)と、その時々の症状をパターン化したもので、漢方の専門家は、個々の「証」に合わせて適切な薬を処方します。
例えば、同じ「夜眠れない」という症状でも、体力の強い人と弱い人では異なる薬を使います。

「証」によっては、あえて毒性のある生薬を配合して「毒をもって毒を制する」ことをします。
例えば、冷え性の改善などに用いる附子(ぶし)は猛毒のトリカブトの根を減毒処理した生薬です。
当然ながら「証」を無視して、症状に向かない生薬や毒性のある生薬を過剰に摂取すれば、副作用に苦しむ可能性が高まります。

また、薬の飲み合わせについても注意が必要です。
漢方の専門家なら、その人の「証」に合わせて、様々な生薬をひとつの薬に調合する技術を有しています。
しかし漢方知識の少ない通常の医師は、西洋医学の延長線上で薬を用いるため、意図せず、患者に安全でない飲み合わせを奨励してしまう恐れがあります。

漢方薬は化学薬とは飲み方も異なり、基本的に、食間や食前などの空腹時に飲むこと、また冷水ではなく、一度沸騰させて水の不純物を取り除いた白湯で服用することが奨励されます。
食後に飲んでも、あるいは冷水で飲んでもまったく効き目がないわけではありませんが、生薬の吸収を良くし、十分な薬効を得るためには、空腹時の服用、白湯での服用を心がけましょう。