育毛に効果的な頭皮マッサージ

頭皮マッサージの効果には、薄毛の原因の一つである血行を促進させる働きがあります。
血行障害が薄毛の原因となるのは、血液の流れが滞ることで、必要な栄養が毛根に運ばれなくなるためです。
頭皮マッサージによる育毛の効果として、頭皮の血行の促進のほか、頭皮の新陳代謝を活発にするという効果があります。
さらに、精神をリラックスさせ、育毛の障害となるストレスを解消させる役割もあります。

頭皮が固くなるのも、育毛の妨げとなります。
それも、育毛マッサージで解消することができます。
頭皮が固くなる大きな原因として、血行不良があげられます。
ストレスで身体がこわばったり、同じ姿勢で長時間いたりすることによって、筋肉の硬直などで、血液の流れを悪くしてしまいます。
頭皮が固くなっているかチェック方法としては、両手で軽くもって前後左右に動かしてみて、柔らかければ、軽く頭皮が動き、固いと動きません。
そういった固くなった頭皮を柔軟にする効果があります。

頭皮の毛穴に詰まった皮脂を取り除くことも、育毛のために必要です。
毛穴の皮脂には、慢性的に皮脂を出し続けます。
そういった皮脂が毛穴をふさいでしまうことによって、衛生上にも育毛の上でもよくない状態となってしまうため、そういった毛穴の詰まりも解消させることができます。

頭皮マッサージを行うことで、育毛のための効果を得ることができます。
行う際には、洗髪をするときなどに、ツボを意識して行うことが大切です。
マッサージする際に気を付けることとしては、頭皮を傷つけないことです。
傷つけてしまうと、頭皮の環境が悪化してしまい、脱毛の原因となってしまうためです。
傷つけないためには、指の腹を使って、適度な力でマッサージすることが大切です。
やりすぎも、何度もやれば効果が高くなるというわけではなく、逆に傷つけてしまうことで、育毛の妨げとなってしまう場合があるので、一日数回にとどめてやりすぎないようにします。

発毛に効く頭部のツボを刺激しよう

百会
薄毛を予防するツボとして、まず、百会があります。 百会には、育毛のための血行促進やストレス解消といった効果があり、両耳の頂点の延長線と眉間の中心の延長線が頭上で交わる場所にあり、ゆったり深呼吸をしながら、両方の手のひらを頭頂部に重ねてゆっくり押します。 よりリラックス効果を得るためには、深く腹式呼吸をしながら刺激します。 力を入れすぎて痛くならないように、自分の気持ち良いと思った力加減を見極め押すことが大切です。 ほかにも様々な効果があるといわれているため、無意識のうちに押す癖をつけておくこともおすすめとなります。
風池
頭皮の血流をよくする効果がある風池というツボは、頭皮の血行を良くするということにつながるため、育毛に効果があります。 風池は、耳の後ろ側に出ている骨から2,3cm首側にあり、首の付け根と後頭骨の下のくぼみから2,3cmほど耳側の髪の生え際よりも少しだけ上のところにあります。 頭を鷲掴みにするように、親指に当てて、3秒押して3秒はなすことを数回繰り返します。
完骨
完骨も頭の血行促進に効果があり、首や肩のこりなどにも効果的なツボです。 耳の後ろの膨らみのとがったところから、親指の幅一本分後頭部のほうにある骨の窪みです。 完骨の押し方は、親指でゆっくり3から5回押します。
上星
最後に上星は、血行促進をし、抜け毛を予防する効果があります。 顔の左右の中心と前髪の生え際から2cmほど上にあるツボで押すと心地よい刺激があります。 上星の押し方は中指や親指の第一関節で、比較的強く押します。 爪楊枝や編み棒などを利用して、ピンポイントに刺激するということも効果的です。 鼻炎や花粉症、頭痛などにも効果があります。

普段から意識して押すことで育毛はもちろん、ほかにも様々な効果を得ることができるので、押す癖をつけておくことをお勧めします。