今までやっていた?間違った育毛ケア

自宅で育毛ケアを行う場合、誤った方法で対策を行ってしまっていることがあります。
巷で噂されている程度の信ぴょう性のことを試してみたり、正しくない情報をうのみにして実践してしまったりと、自分で行う育毛ケアにはリスクもつきまといます。
ただ単にやり方が少し違うだけで頭皮や髪の毛に影響がないのなら良いのですが、コンディションを大きく損ねてしまうようなことがあれば後々の回復にも影響を及ぼしますので気をつけなければなりません。

育毛にはワカメが良いというのを聞いたことのある人は多いかと思いますが、実はワカメには発毛効果はありません。
ただし、ワカメをはじめとした海藻類にはミネラル分がたっぷりと含まれていますので、頭皮の状態を改善したり発毛しやすい環境を整えるために必要です。
直接的な育毛効果はなくても、他の栄養素と反応しあって効果を得ることができますので、積極的に摂取したいものであることは間違いありません。

また、頭皮の血行を促進するためにブラシで刺激を与える人もいますが、ブラシも使い方によっては負担をかけてしまいます。
適度な刺激なら確かに滞っている血流を改善して必要な栄養素をスムーズに届けられるような環境作りをすることにつながりますが、刺激が強すぎると皮膚トラブルの原因になります。
健康な髪の毛は健康な土台となる頭皮でしか作られませんので、皮膚トラブルが起こるようなやり方はNGです。

他にも、頭皮から皮脂が分泌されて、その皮脂が毛穴をふさぐことで抜け毛が起こりやすくなりますので、皮脂をしっかりと落とそうと力を入れてゴシゴシとこすってしまうことがあります。
ゴシゴシと刺激を与えることも問題ですし、爪を立てると皮膚に傷がつく恐れもあります。
洗う時には爪を立てずに指の腹を使って優しくマッサージをすることが重要であり、洗いすぎにも気をつけなければなりません。
シャンプーを行う回数は、基本的に1日に1回で十分です。

女性用のシャンプーを使っている場合は注意

育毛対策を行う際に女性用のシャンプーを取り入れる人がいます。
少し前までは女性用の育毛シャンプーなどあまり見かけることはありませんでしたが、最近では薄毛に悩む女性が増えていますのでグッズも充実してきています。
女性用の方が刺激は少なくなっていますので、皮膚の弱い人でも使うことができて基本的にはおすすめです。

女性は手触りを重視することも少なくありませんが、洗い上がりの潤いや滑らかさを可能にしている成分にシリコンがあります。
シリコンが含まれている商品は毛穴を塞いでしまう恐れがありますので避けた方が無難です。
ノンシリコンタイプを選べば、その後に育毛剤などを使ってもしっかりと浸透させることができますので、効率の良い対策を行うことができますし、コンディションを損ねることもありません。

また、女性は何でも香りで選ぶことが多いようですが、シャンプーの香料には注意が必要です。
香料には刺激を与える成分もありますので、どのような香料が含まれているのかを事前にチェックしなければなりません。
中には香料まで自然由来の成分で作られている商品がありますので、そういったシャンプーを利用すれば良い香りを楽しみながら安心して洗うことができます。

気を付けたい成分には色々ありますが、無着色・無鉱物油・パラベンフリー・石油系界面活性剤フリーとなっているものは安心できます。
石鹸系よりもアミノ酸系がおすすめであり、肌に近い成分で優しく洗い上げることができます。
正しいシャンプー選びができたら、あとは洗いすぎに注意して皮脂を奪い過ぎないようにします。
皮脂は悪者のようなイメージがありますが、頭皮を守るために必要な分もありますので、全てを取り除いてはいけません。