フィナステリド配合薬のジェネリックとは

フィナステリドは、AGA治療薬であるプロペシアの主成分です。
もともとフィナステリドは前立腺に対する疾患の治療薬として開発されたものですが、その効果として男性の増毛効果が認められたためAGA(男性型脱毛症)の治療薬としても使われ、AGA治療薬プロペシアとして販売されています。

フィナステリドの働きとしては、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロンへの変換を防ぐというものです。
ジヒドロテストステロンも男性ホルモンの一種になりますが、その働きのひとつに毛根細胞に対して成長を止める指示を出すことがあり、それが脱毛の原因となります。
必ずしもジヒドロテストステロンがすべての脱毛症の原因とは言えませんが、多くの男性型脱毛症患者の頭皮におけるジヒドロテストステロンの濃度が濃いことがわかっており、男性型脱毛症の原因のひとつといえます。
またフィナステリドの作用によりジヒドロテストステロンの生成を減らすことで脱毛要因を取り除くことができ、それらが発毛へと繋げることができます。
なお、フィナステリドそのものには発毛作用はなくあくまでも脱毛原因を取り除く役割を果たす成分といえます。
このため、フィナステリドはAGA治療においては重要な位置を占めており、AGA治療ではほぼ必ずフィナステリドが使われています。

フィナステリドを含んだものはプロペシアですが、フィナステリドそのものは特許がすでに切れているためジェネリックも販売されています。
ジェネリックは、特許者の許可を得てその成分を使った薬のことで後発薬とも呼ばれます。
メリットとしては安価であることですが、成分が微妙に異なる場合もあります。
フィナステリドは非常に需要の高い薬ということもあり、多くのフィナステリドを配合したAGA治療のためのジェネリックが登場しています。
ただしプロペシアも価格が下がっていることもあって、国内で処方される場合にはそれほど大きな価格差がない場合もあります。

ジェネリックは個人輸入で買うのがお得

通販サイトを利用する男性フィナステリドの使ったジェネリックとしては、国内で生産されるものはストレートにフィナステリド錠という名称で販売されています。
ただし、各製薬メーカーによって有効成分以外の添加物が微妙に異なります。
しかし、プロペシアと非常に似通った性質であるため使用方法はプロペシアと変わらず、またわずかですが安価ですので、AGAクリニックによってはプロペシアではなくジェネリックを使用するところもあります。

一方で、より安価に購入したいのであれば、海外から通販で直接購入する個人輸入を利用する方法があります。
輸入は何かと制限があるように思われがちですが、個人輸入の場合には向精神薬などを除けば一定の量以下であれば、自由に購入することが可能です。
またインターネットの普及により、簡単に注文することができます。
このためインターネット通販を利用してフィナステリドを含んだ薬を注文し簡単に手に入れることが可能です。

フィナステリドを配合した薬としては、海外ではフィンペシアとエフペシアが有名です。
フィンペシアとエフペシアは、インドの大手製薬会社が製造しているもので、作用もプロペシアとほぼ変わりありません。
もともとインドは特許制度の違いから日本で特許切れが起こる前からフィナステリドを配合したジェネリックを販売しており、その点においては実績のある薬といえます。
価格も安価で送料の高い個人輸入であってもプロペシアを使ったり国内のジェネリックを使うよりも費用を抑えることができるメリットがあります。
ただし価格面ではお得ですがフィナステリドは男性ホルモンに作用する性質のためEDなどになるリスクがある可能性があり、使用をするさいにはそれらに注意しながら行う必要があります。