フィナステリドは女性に触れさせてはいけない

フィナステリドは男性型脱毛症の治療に特化した成分です。
男性型脱毛症が発症する原因には様々な要因が挙げられますが、そのひとつには男性ホルモンと特定酵素の結合が挙げられます。
それにより男性ホルモンが頭皮の環境や発毛サイクルに支障をきたす物質へと変換されることで、脱毛や抜け毛と言った頭髪トラブルが出てくると言う内容です。

フィナステリドには、男性ホルモンの発生を抑制することで特定酵素との結合を防ぐ、それにより男性型脱毛症の予防、改善に対しての作用を発揮すると言われています。
そのため男性型脱毛症の治療に特化しているのですが、ただフィナステリドには副作用のリスクも指摘されています。
これは男性に対しては勿論のことなのですが、特に女性に対しての影響が大きい内容です。

バツを表現する女性よってたとえ頭髪の悩みがあっても、女性のフィナステリドの服用は厳禁です。
それどころかフィナステリドが配合された錠剤に接触することも禁じられています。
これは女性がフィナステリドの錠剤に触れることでも、様々な副作用が起こるリスクがあるためです。

ではどのような副作用のリスクがあるのかと言うと、ひとつは胎児の、生殖器の発達異常と言う影響です。
妊婦がフィナステリドに接触した場合、皮膚からでもその成分は体内へと吸収されてしまいます。
すると胎児の生殖器官の成長に対して、フィナステリドが作用をもたらす恐れが出てきます。

特に胎児が男児であった場合には、生殖器官に何らかの異常、たとえば発達異常などが発生するリスクが高くなるとされています。
また胎児が女児であった場合にも、全く影響がないとは言い切れないと考えられています。
更に妊婦だけでなく、妊娠していない女性にも、フィナステリドは婦人科系の疾患にかかるリスク、不妊のリスクを高くする可能性があります。
女性にとって不妊は、肉体的にも精神的にも大きなダメージになり得ることですから、あらゆる女性に対してフィナステリドは、近づけることすら厳禁だと言うことです。

女性が使える育毛剤とは

では女性で頭髪トラブル、悩みがある場合は、どのような育毛剤を使用すれば良いのかと言うと、ひとつは女性専用と銘打たれた育毛剤です。
そもそも男性と女性では、頭皮の状態やそこに作用をもたらす性ホルモンの量、種類には違いがあります。
そのため頭髪トラブルの原因も異なっているのが一般的です。
よって女性の頭皮、女性の体のことを考えた育毛剤を使用するのが望ましく、その第一候補としては女性専用と銘打たれたものが安心だと言えます。

それからもうひとつは、できるだけ刺激の少ない育毛剤です。
女性の頭皮は、男性に比べるとデリケートで敏感、かつ皮脂量が少なく乾燥傾向にあります。
男性の場合は、皮脂が過剰でべたつきがあり、それを解消するために刺激の強い、清涼感のある成分が配合された育毛剤が効果的です。

しかし女性がそれを使用してしまうと、刺激が強過ぎて逆に頭皮の負担になってしまう可能性があります。
そうするとますます頭皮の環境が悪化してしまい、頭髪トラブルが酷くなる恐れもあります。
ですから女性は、低刺激で清涼感が強過ぎない育毛剤を使用するのが望ましいです。
保湿成分が配合されているものだと、より安心して使用できます。

また女性の場合、年齢を重ねることや強いストレスによって分泌量が減少する女性ホルモンが、頭髪には大きく影響しています。
よって女性ホルモンに似た作用を持った成分、たとえば大豆イソフラボンなどが配合された育毛剤も、安心して使用することが期待できます。
女性ホルモンには、発毛や育毛だけでなく、血管に働きかけることて血流を促進する作用もあるとされています。
血液は発毛、育毛に必要な栄養を毛母細胞に届けていますから、その流れが促進されることは、頭髪トラブルの改善にはとても効果的です。
そのため、こうした側面から見ても女性ホルモン様成分が配合された育毛剤の利用は望ましいと言えます。